Like an Art DESIGN BLOG

名古屋のプロダクトデザイン会社、ライカアートのブログです。

iFデザイン賞説明会に参加しました

7月24日、ナディアパークの4階Chordにて開催されたiFデザイン賞説明会に参加してきました。

iFデザイン賞は1953年に設立された歴史ある賞で、日本ではまだあまり一般的に認知されていませんが、国際的には非常に権威のあるものです。

昨今では海外での展開を重視している日本企業からの応募数が年々増えているそうです。

 

説明会では、iFデザイン賞日本事務局の方から賞についての概要説明、活動報告、そして過去に受賞経験のある企業のリポートに加え、事務局の方から応募についてのかなり踏み込んだアドバイスがあり、大変充実した内容でした。

 

印象的だったのは、過去受賞企業としてブラザー工業様など誰もが知る大手企業以外に、健康器具などを手掛けているドリーム様などの中小企業も登壇されていたことです。

過去の金賞受賞企業のリストを見ても中小企業の名前が目立ちます。

マーケットがグローバル化している以上、今や中小企業も海外展開が当たり前になってきているようです。

 

今回のお話で特筆すべき、かつ事務局の方が非常に残念に思っていらっしゃることがありました。

iF賞の公式ウェブサイトは過去の受賞作をアーカイブしていて、閲覧者は気になった作品(製品)からその企業のプロフィールをたどれるようになっています。

iF賞のウェブサイトでは受賞企業が連絡先などを各々で登録できるようになっているのですが、日本の企業の多くが未登録のままでビジネスチャンスを逃しているのだそうです。

実際に日本の受賞企業でiF賞のウェブサイトのプロフィールを充実させたことがきっかけで海外での取り扱いが大幅に増えた事例もあるそうです。

逆にいえば、中小企業にとっては非常に多きなビジネスチャンスになりうるということです。

 

私は過去三年ほど説明会に参加しており、それなりに応募の際の注意点、コツなどを学んできましたので、iF賞の応募をご検討されている企業様がいらっしゃいましたら、一度お声がけいただければと思っております。

 

iFデザイン賞ウェブサイト

https://ifworlddesignguide.com/

 

(筆:白川)

f:id:likeanart:20180727101401j:plain